自毛植毛の前にはまずメリットやデメリットを必ず知っておこう

Flocked hair

自毛植毛が選ばれる理由は「ボリューム」

男性のイラスト

男性だけでなく女性にとっても薄毛は大きな悩みとなってしまいます。薄毛のままだと頭部が人に観られてしまうのではと感じてしまったり、年齢よりも老けてしまったりと多くのデメリットがあります。そんな薄毛を改善する為にカツラを着用したり、育毛や増毛に効果的な薬品を使用したりと多くの改善方法があります。
そんな薄毛改善の中でも植毛が多くの方から人気となっています。毛髪の植毛によって髪のボリュームが増やせると人気の施術となっています。そんな植毛の中でも自分の頭部から毛髪を採取して植毛する「自毛植毛」が高い人気となっているのです。自毛植毛は安全性が高い施術となっている事で薄毛の方から高く支持されているのです。
植毛の多くは人工的に加工された人工毛が使用されており、植毛しても成長出来ない毛髪となっています。毛髪が成長出来ない状態だと頭皮に汚れや皮脂が蓄積されやすくなってしまいます。その為、赤くなったり痒みが発生したりとあらゆる頭皮トラブルの発生の原因にもなってしまいます。しかし自毛植毛は植毛後も毛髪が成長出来る為、汚れや皮脂の蓄積を防ぐ事が出来るとして頭皮トラブルにならない安全な施術となっています。頭皮環境をきれいな状態で維持出来る自毛植毛は多くの方から選ばれる施術となっています。

知っておきたい自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛は、薄毛に非常に有効な治療法です。とても素晴らしい治療法ですが、治療を受ける上でのデメリットも存在します。メリットとデメリット、両方を確認してから、治療を受けましょう。まず、自毛発毛の一番のメリットは、自分の髪を取り戻せる点です。定着さえすれば、通常の髪の毛と同じお手入れ法で十分です。継続して行わなければならない他の薄毛治療と違って、施術も一回ですみます。
植えた後は自然に生えそろってくれるので、違和感も少なくてすみます。自分の髪を使う植毛なので、拒否反応も出づらいのも、利点といえます。ですが、自毛植毛を行う前に、知っておくべきデメリットもあります。まず一番に、気になるのはお金の面だと思います。施術を受ける範囲が広まると、どうしてもお金もかかってしまいます。
医者の腕によっては、生え際が不自然になる可能性もあるので、注意が必要です。また、もともと生えている髪が、少なすぎると施術は受けられません。植毛する髪を取る必要も出てくるため、一部の髪を刈る必要もでてきます。髪を刈った後の、対処について考えておきましょう。自毛植毛を行いたいとお考えの方は、詳しい説明をカウンセリングで聞いてみましょう。

植毛方法の相違点とは?

自毛植毛という言葉を知っていますか?自毛植毛とは薄毛や抜け毛に悩む方から絶大な支持を受けている植毛方法です。植毛には自毛植毛と人工植毛の2種類があるのですが、それぞれのメリットや双方の相違点とはどのようなものなのでしょうか?
自毛植毛はその名の通り、自らの毛を移植する方法です。薄毛は基本的に前髪がどんどん後退していってしまい、頭頂部の髪の毛がなくなってしまうことが大半です。それでも側頭部や後頭部の髪の毛が残っているという方はかなり多いですよね。そう言った部分の自分の髪の毛を植毛することで、抜けてはまた生えてくる自然な髪の毛を作ることが出来ます。
一方人工植毛は合成繊維で出来た人工の毛を植毛する方法です。自らの髪の毛を植毛する必要がないため、頭部の髪の毛の残量に関係なく植毛が出来るというのが非常に大きいメリットと言えるでしょう。
双方の相違点としては、「人工の毛か、自らの毛髪か」「植毛の際に毛を採取する必要があるか」という点です。人工植毛は毛を頭皮毎採取する必要がない反面、合成繊維を異物と認識して抜けやすくなってしまったり炎症を起こす可能性もあります。一方自毛植毛は自らの頭部に生えている天然の毛髪を利用するため、副作用の心配がほとんどないのは大きいでしょう。
どちらもメリットは存在しますので、熟慮して選びましょう。

Infomation

News

2017年10月06日
薄毛対策で人気の自毛植毛の注意点を更新しました。
2017年10月06日
2つの植毛方法の違いを更新しました。
2017年10月06日
高そうに見えて効率がいい自己植毛を更新しました。
2017年10月06日
AGAなどの対策として自毛植毛を更新しました。
TOP